高校になった途端に支払いだらけ

嬉しい悲鳴はこういうことかもしれません。

ハイスクール受験に受かり晴れてこの春からハイスクールになった長男ですが、男子だけに食べっぷりも半端なくお弁当が大変です。

2段弁当で下位はめしにごま塩をふりかけて、上には惣菜を詰めている。

これだけでは足りないらしく、ブレイクタイムに取るおにぎりも持って行きます。

これだけで気持ちよく1合以上は消え去り、他に朝夕のめしも考慮すると今年はお米の静まりがまだまだだ。

お弁当の分だけ減っているのでしょうね。

小中までは給食費を支払っていましたが、今のお弁当にかかる材料費はそれ以上に因ると感じます。

これも健康である拠り所と捉えなければいけませんね。